ソニー、2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載の放送用カメラを発売 | RBB TODAY

ソニー、2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載の放送用カメラを発売

エンタープライズ その他

本体重量はカメラのみで約5kg。既に放送局などで使用されている同社HDCシリーズの環境に追加することで、既存のシステムから4K制作体制への移行を円滑に実現できる(画像はプレスリリースより)
  • 本体重量はカメラのみで約5kg。既に放送局などで使用されている同社HDCシリーズの環境に追加することで、既存のシステムから4K制作体制への移行を円滑に実現できる(画像はプレスリリースより)
  • 「HDC-4300」の主な仕様。主に放送業界に向けた製品で、スポーツ中継などに導入すれば、選手の細やかな動きからスタンドの様子まで鮮明に映し出すとのこと(画像はプレスリリースより)
 ソニーはスポーツ中継やスタジオ番組制作に最適な4K/HD対応システムカメラ「HDC-4300」を7月1日から発売開始する。同社システムカメラにおけるフラッグシップモデルで、4K/HDの混在運用ができ、HD制作から4K制作へ円滑な移行が行える構成となっている。

 新開発の2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載は世界初となり、次世代放送の映像制作規格「ITU-R BT.2020」に対応、高精細かつ幅広い色域での色再現を可能とした。

 既存のHD用B4マウントレンズをダイレクトに装着できるため、HDカメラの運用性を維持したまま4K/HD映像に対応できる点も特徴となる。

 フルHD映像を479.52/400fpsで撮影する8倍速のスーパースローモーション映像も別売のソフトウェアをインストールすることで実現可能。

 価格はシステムの構成により異なるが、カメラ本体と基本的なシステムでの構成で約1,400万円となっている。

■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top