古着800着が桜の木に変身!……ビルの屋上でお花見中 | RBB TODAY

古着800着が桜の木に変身!……ビルの屋上でお花見中

エンタメ その他

桜の木のインスタレーション
  • 桜の木のインスタレーション
  • 空中花見
 ピンク色に染め上げられた古着が、桜の木のインスタレーションに変身! LEDによるライトアップで幻想的な“お花見”ができるイベントが、4月12日まで東京新宿のルミネ1屋上「L.TERRACE(エルテラス)」にて開催されている。

 桜の木のインスタレーションに使われた衣類は、ルミネで行われた「春の下取りキャンペーン」で下取りした約1万5000点の中から、約800着を使用。空間デザイナーや染色工場の職人の手によってふたたび命を吹き込まれた洋服が、屋上空間を彩っている。

 イベントを企画したルミネの担当者は「古着を切ってしまうのではなく、なるべく洋服の形を生かしました。花の部分はピンク色に染め、幹の部分は染めきれないものをパッチワーク風にして製作しました」と語り、加えて「まずは見て楽しんでもらいたい。この“お花見”を観てキレイだね、楽しかったねっていう印象のあとに、実はこのイベントはエコに関係していたんだと知っていただけたら嬉しいです」と話した。

 今回、下取りした残りの衣類については、認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパンを通じて、ミャンマー、ベトナムの支援に役立てられる。日本国内では、年間およそ100万トンの古着が排出されているが、再利用率は26%にとどまり、多くはゴミとして廃棄されている現実もある。同イベントは、この課題に向き合いたいと考え出されたものだ。

 会場には“お花見”ということでフードコーナーも用意され、”屋台感”をテーマに「大分中津からあげ」「富士宮やきそば」「仙台厚切り牛タン串」「アメリカンロングポテト」といったこだわりのB級グルメが並び、お花見らしさを食の面からも醸し出している。

 イベントの開催時間は、平日が17時~22時、土日祝日は14時~22時、いずれもラストオーダーは21時30分まで、入場は無料となっている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top