【SXSW2015】サムスン、最新製品を体験できる特設ブースを設置 | RBB TODAY

【SXSW2015】サムスン、最新製品を体験できる特設ブースを設置

IT・デジタル モバイル

メイン会場に隣接するサムスン特設ブース
  • メイン会場に隣接するサムスン特設ブース
  • 入り口を入ると最新の4Kテレビで会場を演出
  • サムスンギアとmilk VRコンテンツを体験できるギアVRアーケード
  • サムスンギアとmilk VRコンテンツを体験できるギアVRアーケード
  • バーコーナーではGALAXY Note 4を使ってジュースをオーダーできる
  • バーコーナーではGALAXY Note 4を使ってジュースをオーダーできる
  • デザインスタジオのコーナーでは自分の作ったデザインをTシャツなどにプリントできる展示
  • デザインスタジオのコーナーでは自分の作ったデザインをTシャツなどにプリントできる展示
 SXSW2015にて、サムスン電子はメイン会場のオースティンコンベンションセンターに隣接するレストランを改装し、「サムスンスタジオ」と銘打って最新のサムスン製品を展示、体験できる特設会場を公開した。最新と言ってもGALAXY S6のような未発売のものではなく、GALAXY Note 4やテレビ、サムスンギアVRなどが対象だ。まずは4Kの大型テレビで会場を演出し、その画像の美しさで来場者をお出迎えする。

 “バー”というコーナーではGALAXY Note 4を使ってジュースをオーダーする。筆者はデトックスジュースを注文した。ペンを使ってワンタッチでオーダー、カウンター越しのスタッフがそれを素早く確認し、渡してくれる。

 続いてデザインスタジオではGALAXY Note 4を使ってデザインを体験でき、Tシャツ、キャップ、バンダナ、トートバッグに自分の好きな絵柄をプリントしてくれる。参加者の中にはかなり凝って絵を書いていた人もいたが、筆者は絵心がないので散々悩んだ挙げ句近場の写真を撮ってTシャツに張り付けた。GALAXY Note 4はもともとクリエイティブ活用を促しているサムスンらしい展示だ。

 そしてサムスンギアVRの展示では、合わせて米国でサービス展開しているmilk VRというVRコンテンツを体験できた。VRヘッドセットの体験自体はこれまでに幾つかしてきているが、正式サービスでコンテンツ群を見られるのはこのmilk VRが初めてではないだろうか?難しいかもしれないがスポーツイベントがVRで見られるとより面白いのかもしれない。
《亀川 将寛》

特集

page top