ロボットドール「iDoll」、プロトタイプの詳細が発表 | RBB TODAY

ロボットドール「iDoll」、プロトタイプの詳細が発表

ブロードバンド その他

「iDoll(アイドール) 」外観
  • 「iDoll(アイドール) 」外観
  • 「あい☆どーるず」イメージ
  • 「iDoll(アイドール) 」外観
  • 「iDoll PLAY」画面イメージ
  • 「iDoll EDIT」「iDoll CIRCLE」画面イメージ
 博報堂のプロダクト・イノベーション・プロジェクト「monom(モノム)」は13日、ユカイ工学と共同開発中のロボットドール「iDoll(アイドール) 」について、プロトタイプの詳細を発表した。

 「monom(モノム)」は、デザイン、テクノロジー、マーケティング、ビジネスの専門家が協力し、これまでにないプロダクトを提案するという、博報堂のプロジェクト。その第一弾として発表されていた「iDoll」は、手のひらサイズの身長15cmのロボットドールだ。15個のマイクロモーターと10個の関節によって、「ダンス」「挨拶」「一発ギャグ」など、多彩な動きを楽しめるのが特徴とされていた。

 今回発表されたプロトタイプは、さまざまな動きを音声とともに再生可能。操作は、スマートフォンの専用アプリ「iDoll PLAY」で行い、さまざまなアクション、歌に合わせたダンス、漫才など、さまざまな動作プログラムが用意されている。複数台を同期させて同時に動かすことも可能だ。見た目を変えることも可能で、さまざまなキャラクターに展開できるという。

 今後は、iDollの動作プログラムを直感的に作成できるパソコン用ソフトウェア「iDoll EDIT」、動きを発表・交換したりできるコミュニティサイト「iDoll CIRCLE」も開発の予定だ。

 あわせてiDoll専用の二人組アイドルユニット「あい☆どーるず」のデビュー曲およびミュージック・ビデオも公開された。「あい☆どーるず」は、iDoll専用のキャラクター、ツン&クールな「ヒカリ」とボーイッシュで乙女な「ミキ」からなる2人組のアイドルユニットとのこと。ネット上で活躍するメンバーがミュージック・ビデオ制作に参加している。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top