Yahoo!ショッピング、「疑似3D画像」をファッション提案に本格導入 | RBB TODAY

Yahoo!ショッピング、「疑似3D画像」をファッション提案に本格導入

ブロードバンド テクノロジー

コーディネートを回転させて確認可能(メンズ)
  • コーディネートを回転させて確認可能(メンズ)
  • 「春のファッショントレンドアイテム」トップページ(メンズ)
 ヤフーが展開する「Yahoo!ショッピング」は12日、独自の画像処理技術「疑似3D画像」を、ファッション特集ページに本格導入したことを発表した。ファッション特集ページ「春のファッショントレンドアイテム」でのコーディネート提案に活用されている。

 「疑似3D画像」は、多方向から立体的にコーディネートを見ることができる技術。スムースに被写体を回転して見ることができ、被写体や商品を、より立体的かつリアリティのある表現で把握できる。ヤフーでは、撮影画像をもとに疑似3D画像を自動生成する技術を確立し、特許を取得した。専用ターンテーブルや3Dスキャナーなどの特殊な撮影機材は不要で、街角や自然の中など、どんな場所でも撮影可能だという。

 今回「Yahoo!ショッピング」において、もっとも取扱いが多く、着用時のシルエットやシワ感などの雰囲気を理解しやすい「ファッション」カテゴリで取り組みを開始した。「春のファッショントレンドアイテム」は4月13日正午まで公開の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top