【SS2015速報リポート035】オプテックス、防犯カメラ用に使えるIP&PoE対応補助投光機を発表 | RBB TODAY

【SS2015速報リポート035】オプテックス、防犯カメラ用に使えるIP&PoE対応補助投光機を発表

エンタープライズ セキュリティ

展示されていたIP/PoE対応の監視カメラ専用補助投光器の4モデル
  • 展示されていたIP/PoE対応の監視カメラ専用補助投光器の4モデル
  • 投光機のオン/オフや光量調整などのコントロール、通電時間・投光時間などはIP制御で遠隔コントロールが可能
  • 製品PR動画の一コマ。左が旧タイプで、右が本製品。光にムラがなく均一照射する
  • 防犯カメラの補助投光器でPoE給電を採用しているというのは今までありそうでなかった
 セキュリティショー2015、IPネットワークカメラゾーンにて、オプテックスは同社グループ会社の英Raytec社製PoE対応投光機「vario ip PoE」の新製品を展示していた。

 IP制御で遠隔コントロールできるLED照明で、赤外光と白色可視光の2種類でサイズ別に複数の製品を揃えている。

 従来モデルからの変更点として、PoEによる給電動作に対応したモデルとなっている。PoE給電とは、対応したLANケーブルに接続するだけで動作し、別途電源を用意する必要がないという技術。本製品は、DC24Vの電源での動作も可能。

 赤外光と白色可視光で、最大消費電力は25.5Wタイプ、50Wタイプの計4モデルが新たに投入されたモデルとなり、それぞれPoE+、PoE++で給電動作する。

 7月から8月頃の市場投入を予定しており、価格はオープンプライス。実勢価格は14万円/18万円前後が見込まれている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top