【SS2015速報リポート031】エスシー、12メガ&4Kネットワークカメラの実映像デモ | RBB TODAY

【SS2015速報リポート031】エスシー、12メガ&4Kネットワークカメラの実映像デモ

エンタープライズ ハードウェア

4K以上の画像解像度を誇る12メガピクセルのネットワークカメラの実映像
  • 4K以上の画像解像度を誇る12メガピクセルのネットワークカメラの実映像
  • 発売中の12メガピクセルのボックス型ネットワークカメラ「SCIP-C12M」
  • 12メガピクセルの全方位カメラで撮影した映像。画面左が全体像で、右側の4枚は補正して分割したもの
  • こちらも発売中となる12メガピクセル360度全方位型ネットワークカメラ「SCIP-FI4K」
  • H.265に対応していることが特徴となる4K対応ネットワークビデオレコーダー「NVR-4SK1664」
  • エスシーのブースに設けられた4K及び12メガピクセルネットワークカメラの関連製品コーナー
 4Kネットワークカメラの本格元年と言われる昨今だが、エスシーもセキュリティショー2016に4Kネットワークカメラと、さらに高解像度の12メガピクセルネットワークカメラの新製品を複数投入した。

 今回の展示していたのは、12メガピクセルのボックス型ネットワークカメラ「SCIP-C12M」、4Kドーム型カメラ「SCIP-D4K」、4K屋外用IRネットワークカメラ「SCIP-B4K」、12メガピクセル360度全方位型ネットワークカメラ「SCIP-FI4K」の4製品。

 ちなみに4Kの解像度が8メガピクセル相当なので、12メガピクセルは4K以上の解像度であることが分かるだろう。今回の取材時に実映像を見たのは、12メガピクセルのボックス型ネットワークカメラ「SCIP-C12M」と12メガピクセル360度全方位型ネットワークカメラ「SCIP-FI4K」。いずれも高精細な映像であることが確認できた。

 また、上記のカメラの関連製品として、4Kスペックにも対応したネットワークビデオレコーダー「NVR-4SK1664」「NVR-4SK16128」(※チャンネル数が異なるだけでスペックは同じ)も展示されていた。NVR自体にミニディスプレイが付いた特徴的なルックスをしている。本機はH.264のみならず、H.265の圧縮方式にも対応。

 いずれの製品も既に発売が開始されている新製品となる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top