SKE48の6年間の軌跡……「卒業してしまうメンバーも居るけれどこれから…」 | RBB TODAY

SKE48の6年間の軌跡……「卒業してしまうメンバーも居るけれどこれから…」

エンタメ 映画・ドラマ

石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)、牧野アンナ
  • 石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)、牧野アンナ
  • 松井玲奈
  • 石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)、牧野アンナ
  • 石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)、牧野アンナ
  • 石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)、牧野アンナ
  • 石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)、牧野アンナ
 SKE48初のドキュメンタリー映画「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」の公開前夜祭が26日行われ、石原真監督、SKE48(大矢真那、佐藤実絵子、中西優香、松井玲奈、斉藤真木子、須田亜香里、柴田阿弥、宮澤佐江)が登壇した。

 6年前、名古屋で誕生したAKB48の姉妹グループSKE48。その6年の歴史と、メンバーの単独インタビューを織り交ぜた、グループ初のドキュメンタリー映画が完成した。作品タイトルにもあるように、この6年という月日の中で、彼女たちが泣かした“涙”も、作中では隠すことなく、前に進んでいく姿を収めている。

 石原監督は「SKE48を愛する気持ちを込めて全力で取り組んだ。6年間の膨大な素材からどこを抽出するかや、ひとりひとりにインタビューをしている。テーマ曲である『僕は知っている』も素晴らしい曲で嬉しい。皆さんに、メンバーに、受け継いで行ってほしい」とコメント。松井玲奈は「ドキュメンタリーはこれまでのものだけど、これからもSKE48に注目してほしいです。卒業してしまうメンバーも沢山居ますがこれからどうなっていくのかメンバーも頑張って行くのでファンの方々も注目してほしい」と話した。

 イベントでは、サプライズで振り付け師の牧野アンナが登場。劇中でも、牧野とメンバーが衝突するシーンもあり、松井は「ファンの方などに、アンナ先生と私の仲がめちゃくちゃ悪いとかずっと言われてて……。でも、私は本当にアンナ先生のことが大好きです。私たちに愛のある厳しさを教えてくれたのがアンナ先生なんです」と話した。牧野はそんな愛のムチにも耐え抜いてきた彼女らを「ドM集団」と冗談まじりに話したが、目を潤ませて「やってきたことが伝わっていたようで、涙が出るほど嬉しいです」と話した。

 「アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48」は、2月27日より全国ロードショー。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top