避難所ガイドとデータ放送を連携させた災害時ナビアプリ | RBB TODAY

避難所ガイドとデータ放送を連携させた災害時ナビアプリ

ブロードバンド その他

全国約12万か所の避難所情報を網羅。「全国避難所ガイド」のデータベースを利用し、現在地から最寄りの避難所を簡単に検索可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 全国約12万か所の避難所情報を網羅。「全国避難所ガイド」のデータベースを利用し、現在地から最寄りの避難所を簡単に検索可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 単に地図上に道順を表示するだけでなく、AR(仮想現実)表示機能・コンパス表示機能などで視覚的によりわかりやい表示もできる(画像はプレスリリースより)
  • 地域に密着したケーブルテレビ局ならではの、イベント、おくやみ、地元の警察、小・中学校などからの情報も配信される(画像はプレスリリースより)
  • 「迷い犬の保護情報」といった生活情報も配信されるので災害時のみならず活用していくことができる(画像はプレスリリースより)
 ファーストメディアとジャパンケーブルキャストは、「全国避難所ガイド」と「JC-data」の連携による、スマートホン・タブレット用のデータ放送連携災害時ナビゲーションアプリを4月から提供開始することを発表した。

 「全国避難所ガイド」は全国約12万か所の避難所情報を収録し、現在地から最寄りの避難所までの道順をルート案内する災害時用ナビゲーションアプリ。「JC-data」はケーブルテレビ局のコミュニティチャンネル向けデータ放送として、災害情報共有システム「Lアラート」の災害情報や地元に密着した生活・交通情報、各種緊急情報などを配信するサービスだ。本アプリはその2つのサービスを融合させたものとなる。

 本アプリを使うことで、全国12万か所の避難所情報を元にした最寄りの避難所及びその避難所までのルート検索、データ放送向けに配信される交通情報、Lアラートの災害情報、防災情報の取得、安否登録&確認などをスマートフォンやタブレットで行うことが可能になる

 全国各地の「JC-data」導入済みケーブルテレビ局のサービスエリア内で本アプリを使うことで、より利便性は高まる。
 
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top