ソニー、ウォークマンなどビデオ&サウンド事業を分社化……他事業も順次分社化 | RBB TODAY

ソニー、ウォークマンなどビデオ&サウンド事業を分社化……他事業も順次分社化

エンタープライズ 企業

ソニーサイト
  • ソニーサイト
  • ソニー製品情報ページ
  • 現在掲げている主要営業品目
 ソニーは18日、経営方針説明会を開催。2015年度~2017年度の3年間の中期経営方針を発表した。組織体制と経営チームの再編を行うため、分社化を推進する。

 第一弾として、10月1日を目途に、「Walkman」(ウォークマン)に代表されるビデオ&サウンド事業を完全子会社として分社化する。

 基本方針として「一律には規模を追わない収益性重視の経営」「各事業ユニットの自立と株主視点を重視した経営」「事業ポートフォリオの観点から各事業の位置づけを明確化」を掲げ、収益性を重視した事業運営を行う。デバイス分野、ゲーム&ネットワークサービス分野、映画分野、音楽分野の4つを、“ソニーの利益成長を牽引していく領域”と見ており、積極的な資本投下を行う計画だ。

 一方、イメージング・プロダクツ&ソリューション分野、ビデオ&サウンド事業は“安定収益領域”として、着実な経営を行う。すでに分社化しているテレビ事業、モバイル・コミュニケーション分野は“事業変動リスクコントロール領域”として、リスク低減と利益確保を最優先する。

 そのうえで、ソニー内の事業部門となっている事業について、分社化を順次実施。ビデオ&サウンド事業以外のカメラ事業などについても、分社化を進める。なお同社は2014年に、テレビ事業を分社化したほか、「VAIO」に代表されるPC事業を日本産業パートナーズに売却している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top