国連防災世界会議パブリック・フォーラムが宮城県仙台市にて開催 | RBB TODAY

国連防災世界会議パブリック・フォーラムが宮城県仙台市にて開催

エンタープライズ セキュリティ

国連防災世界会議のパブリックフォーラムでは政府機関、地方自治体、NPO、NGO、大学、地域団体など、国内外の多様な主体による防災や減災、復興に関する取り組みを一般公開により広く発信している(画像は同webより)。
  • 国連防災世界会議のパブリックフォーラムでは政府機関、地方自治体、NPO、NGO、大学、地域団体など、国内外の多様な主体による防災や減災、復興に関する取り組みを一般公開により広く発信している(画像は同webより)。
 コトブキは3月15日に仙台市で開催される第3回国連防災世界会議に関連して、パブリック・フォーラム「安全で賑やかな自律循環型地域社会を目指して」を開催する。

 同社は防災に関わる公共空間向け什器メーカーとして国連防災世界会議の開催趣旨に賛同し、同会議関連事業として公開フォーラムを開催する。内閣府から小泉進次郎政務官、神戸市から長岡賢二危機管理室長、ソニーコンピュータサイエンス研究所から所眞理雄氏を招き、講演を行う。また、日常生活、コミュニティ内での「防災」ををいかに取り込み豊かなものに育てるのか、多分野の識者を交えてパネルディスカッションを実施する。

 開催日時は3月15日、仙台市シルバーセンター交流ホール。参加は無料。一般参加者の定員は300名となり、イベントホームページより参加申し込みを受け付ける。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top