1分間に250ページをスキャン! 大日本印刷と東大が高速ブックスキャナーを試験運用 | RBB TODAY

1分間に250ページをスキャン! 大日本印刷と東大が高速ブックスキャナーを試験運用

エンタープライズ ハードウェア

スキャナーの外観
  • スキャナーの外観
  • スキャナーの外観
  • スキャンした東大図書館の蔵書(画像サンプル)
 大日本印刷(DNP)は16日、東京大学(石川正俊教授・渡辺義浩講師の研究チーム)と共同で開発した、世界最速レベルの高速ブックスキャナーの試験運用を開始することを発表した。東京大学附属図書館蔵書のデジタル化作業で試験運用を行う。

 このブックスキャナーは、1分間に250ページのスキャンが可能。書籍の裁断などの必要はなく、ページをめくりながら撮影を行うとともに、OCR処理によってテキスト化も同時に行う。2010年から両者は共同開発をスタートさせていた。

 東京大学附属図書館では、本郷キャンパスの総合図書館を大幅に拡充する「新図書館計画」を進めている。DNPは、同図書館の書籍や学術資料などのデジタル化に加え、タイトル毎の書誌データの作成を行う予定。デジタル化する蔵書は、東京大学に過去所属した教員の著作物が主な対象となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top