多様化が進むバレンタイン、市販菓子を活用して気持ちをカジュアルに伝える | RBB TODAY

多様化が進むバレンタイン、市販菓子を活用して気持ちをカジュアルに伝える

エンタープライズ その他

江崎グリコ「デコパケメッセージポッキー」
  • 江崎グリコ「デコパケメッセージポッキー」
 来る14日は、好きな人や大切な人にチョコレートを贈るバレンタインデー。最近では、本命や義理チョコはもちろん、友人への“友チョコ”、男性が女性にプレゼントする“逆チョコ”、果ては友人たちと集まって楽しむ“チョコレートパーティー”など、その多様化が進んでいる。

 また、身近なものを活用してカジュアルに気持ちを伝える“プチギフト”動向もあることから、市販菓子のパッケージにひと手間を加えたプレゼントも見受けられる。たとえば、江崎グリコが販売するチョコレート菓子「ポッキー」は、パッケージに手書きのメッセージが書き込めるスペースを用意した「メッセージポッキー」を販売した。

 バレンタインに向けた「メッセージポッキー」では、14日までの期間中、「ポッキー」LINE公式アカウント上で、「デコパケバレンタイン メッセージポッキーコンテスト」も実施。パッケージを自由にデコレーションした画像をメッセージとともに投稿すると、入賞者に「ポッキー詰め合わせ」がプレゼントされるキャンペーンだ。

 FacebookやTwitter、LINEといったSNSによるメディアの多様化が進んだことで、コミュニケーションの形が変化している昨今。「メッセージポッキー」のような“メッセージチョコ”は、手書きで気持ちを伝えるオフラインのコミュニケーションとなり、日ごろの感謝の気持ちをカジュアルに伝えることができるツールとなっている。
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top