iPhone用アプリ「早耳ドライブ」に防犯情報やオービス情報などの新機能が追加 | RBB TODAY

iPhone用アプリ「早耳ドライブ」に防犯情報やオービス情報などの新機能が追加

エンタープライズ セキュリティ

基本は交通情報の共有がメイン。地域の防犯情報に関しては専用掲示板に投稿された内容が反映される(画像は同社webより)。
  • 基本は交通情報の共有がメイン。地域の防犯情報に関しては専用掲示板に投稿された内容が反映される(画像は同社webより)。
  • iPhone上での表示サンプル。今年1月に設置されたばかりのオービス情報も既に登録されている(画像はAppStoreより)。
 パソヤは6日、iPhone用アプリ「早耳ドライブ」に新機能を追加してバージョンアップした。ネズミ捕り・検問・渋滞・事故などの情報をリアルタイムで共有するアプリで、新たに防犯情報、移動式オービス、危険車両に対応した。

 これはユーザー同士による交通情報共有アプリで、渋滞箇所表示などはリアルタイムに反映される。オービスの方向も指定されており、反対車線の取り締まりには反応しない機能も追加された。また、「不審者」「事件」「火災」の情報を地図に表示することで、地域の防犯活動にも対応できるようになっている。

 アプリの価格は基本機能が無料、追加機能は有料。追加機能としては、広告非表示、ナレーター音声の切り替え、バックグラウンド動作時での警告機能、遠方ポイントの確認となっており、基本機能に利用制限はない。

 対応はiOS 7.1以降のiPhoneとiPad。Android版もGooglePlayで公開されている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top