サンディスク、「VMware Virtual SAN 6オールフラッシュアーキテクチャー」に対応 | RBB TODAY

サンディスク、「VMware Virtual SAN 6オールフラッシュアーキテクチャー」に対応

エンタープライズ セキュリティ

オールフラッシュ化によって、データセンターのストレージインフラの簡素化や運用コストの削減などが期待できる(画像は同社リリースより)。
  • オールフラッシュ化によって、データセンターのストレージインフラの簡素化や運用コストの削減などが期待できる(画像は同社リリースより)。
 サンディスクコーポレーションは2日、ビジネスアプリケーションやデータベース向けの「VMware Virtual SAN 6オールフラッシュアーキテクチャー」への対応を発表した。

 これによってデータベースのトランザクション処理や仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)アプリケーションなどの主要なビジネスアプリケーションを200万TPM(トランザクション/分)以上で稼働させることが可能となる。

 基本構成としてSanDisk Lightning Gen. II 12Gb/s SAS SSDおよびCloudSpeed SATA SSDを活用し、信頼性の高いエンタープライズクラスのアプリケーション性能に必要なキャッシュ、および一貫したストレージ層を提供するとしている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top