多言語に対応した観光情報端末、仙台で実験開始 | RBB TODAY

多言語に対応した観光情報端末、仙台で実験開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

設置イメージ(東北ろっけんパーク)
  • 設置イメージ(東北ろっけんパーク)
  • 設置イメージ(仙台なびっく)
  • 設置イメージ(東北大学 災害科学国際研究所)
  • 設置場所と期間
 大日本印刷(DNP)は6日、デジタルサイネージを使った訪日外国人向け情報サービスの実証実験を仙台市内で実施することを発表した。実験期間は9日~3月末。

 仙台市では、3月から複数の大規模な国際会議の開催が予定されており、多くの外国人の来日が予想されている。今回、多言語対応の地図や観光情報を搭載した端末を使うことで、案内ツールや外国語を話せるスタッフの不足を補うのが狙い。

 DNPのタッチパネル式デジタルサイネージ「Will Smart」の小型タイプ(表示画面20インチ)を、仙台市内の複数個所に設置。地図や観光情報は、日本語の他に英語、中国語、韓国語に対応する。また、Will Smartに表示された目的地までのルート案内を、NFC対応スマートフォンで見ることも可能。なお、仙台空港(国際線到着ロビー)、仙台駅(i-ステーション仙台)にはすでにWill Smartが導入されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top