NTT、教育機関向けに子どもの位置情報提供サービスを開始 | RBB TODAY

NTT、教育機関向けに子どもの位置情報提供サービスを開始

エンタープライズ セキュリティ

FairCastGPS+全体構成イメージ。検索回数に制限のない定額制で、子供のプライバシーへの配慮から、緊急・災害時以外は位置情報を検索できない設定にすることも可能だ(画像はプレスリリースより)
  • FairCastGPS+全体構成イメージ。検索回数に制限のない定額制で、子供のプライバシーへの配慮から、緊急・災害時以外は位置情報を検索できない設定にすることも可能だ(画像はプレスリリースより)
  • FairCastGPS+による位置取得イメージ。特定のエリアへの入出情報を知らせる「エリアセンシング機能」は「かんたん位置情報サービス」に搭載され4月から提供開始される予定だ(画像はプレスリリースより)
 NTTデータは、学校連絡網サービス「FairCast」と、NTTドコモの法人向け位置情報サービス「かんたん位置情報サービス」を活用して、全国の教育機関に向けた位置情報サービス「FairCast GPS+(プラス)」を4月1日から提供開始する。

 小型のGPS専用端末を持った子どもの位置情報を地図上で確認でき、学校や設定した任意のエリアを出入りした際に、保護者がメールを受信(エリアセンシング機能)することが可能。位置情報の確認は回数によって金額が加算される従量制ではなく、定額で何度でも行えるようになっている。

 GPS端末は小型タイプと防犯ブザー搭載タイプの2種類を用意。GPS単体での測位、及びNTT通信網のアシストGPS、基地局補正で位置情報を測定する。通信方式はW-CDMA 800MHz/2GHz。GPS端末の価格はオープン価格となり、別途月額利用料が必要となる。

 2月下旬より専用サイトと電話にて、教育機関からの受付を開始。同社は今後、全国の教育機関への導入を進め、2020年までに500校30万人へのサービス提供を目指している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top