狙うは「au大好きユーザー」の拡大……KDDI田中社長の15年春新商品&サービス戦略 | RBB TODAY

狙うは「au大好きユーザー」の拡大……KDDI田中社長の15年春新商品&サービス戦略

IT・デジタル モバイル

VoLTE対応機種3モデルを含む新製品を発表
  • VoLTE対応機種3モデルを含む新製品を発表
  • AQUOS Kとタブレットの2台持ちを提案
  • 伊勢丹新宿店とのコラボも発表された「INFOBAR A03」
  • “ガラホ”として話題をさらった「AQUOS K」
  • 学割プランも強化
  • シニア向けスマホの「BASIO」
  • キッズ向けスマホの「miraie」
 KDDIは19日、2015年春のauスマートフォン、フィーチャーフォンの新製品発表会を開催した。同社の田中孝司社長は、今シーズンにauのVoLTE対応機種を一気に充実させたことや、ユーザーの新機種購入時に発生する分割支払金残額を無料とする「アップグレードプログラム」についてアピールした。

 今回発表された端末は、スマートフォン4機種に、見た目にはいわゆる“ガラケー”だがAndroid OS搭載という、田中社長が“ガラホ”と銘打つ「AQUOS K」を含む6モデル。昨年末にサービスインとなった次世代音声通話サービス「au VoLTE」に対応する機種は3機種となり、発表済みの「isai VL」「URBANO V01」を加えた5モデル展開となった。

 auが全国広範囲に展開するLTEネットワークを活かしたクリアな品質の音声通話に加えて、同じau VoLTE対応の端末を使うユーザー同士でWebブラウザの画面を共有したり、画面内への手描きデコレーションが行える「シンクコール」に対応。発表会ではタレントの平井理央さんがサービスを体験しながら実演を交えて紹介する一幕も設けられた。田中社長は「auのVoLTEは常に4Gの品質を維持していただける快適なサービス。新しいシンクロ体験で生活が変わる。対応するスマホも自由に選べるようになった」と胸を張る。

 「au VoLTE」の対応する端末は、今回の春モデルの中では「INFOBAR A03」「AQUOS SERIE mini」「BASIO」の3機種だ。田中社長はそれぞれの端末を順に紹介。手のひらに馴染みやすい4.5インチのコンパクトサイズを実現したINFOBARについては、「個人的には“やるなau、INFOBAR忘れていないな”という気持ち」だと語り、美しい曲線を活かしたデザインやユーザーインターフェースの「iidaUI」を洗練させたことも特徴として触れた。なおデザインコンシャスなスペシャルモデルらしく、伊勢丹新宿店とのコラボなどによるアクセサリー製品も充実する。「INFOBARの世界観を楽しんでいただけるよう、伊勢丹とコラボしたスタンプラリーのようなイベントも2月に実施する」(田中社長)という。

 「AQUOS SERIE mini」はシリーズの高機能をハンディなサイズに凝縮したモデル。今回発表されたラインナップの中で、唯一192kHz/24bit、96kHz/24bitのFLAC/WAV形式によるハイレゾリューションオーディオの再生に対応している。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top