KDDI、4.5インチの“手になじむ”「INFOBAR」など春のau新スマホを発表 | RBB TODAY

KDDI、4.5インチの“手になじむ”「INFOBAR」など春のau新スマホを発表

IT・デジタル モバイル

INFOBAR A03
  • INFOBAR A03
  • INFOBAR A03
  • AQUOS SERIE mini
  • BASIO
  • miraie
  • AQUOS K
  • AQUOS K
  • GRATINA
 KDDIと沖縄セルラーは19日、デザインコンシャスな「INFOBAR A03」やシニア向けの「BASIO」など、1月下旬から順次発売されるauの15年春モデルとなる4つのスマートフォン新機種を発表した。

■「INFOBAR A03」(京セラ製)

 洗練された色彩感豊かなデザインと機能の融合、手に心地良くなじむサイズ感をコンセプトにしたデザインコンシャスなスマートフォン。発売予定は2月中旬。Android 4.4に、約4.5インチのフルHD液晶を搭載。auのVoLTEやCA、WiMAX 2+に対応したが、3Gは非対応になる。SIMの種類はnano SIM。

 CPUは2.3GHzのクアッドコア。RAMは2GB、ストレージは16GB。外部記憶メモリーにmicroSDカードが使える。メインカメラは約1,300万画素。フルセグ/ワンセグの視聴・録画やおサイフケータイ、NFC、Bluetooth 4.0、本体防水・防塵設計、急速充電機能「QC 2.0」など充実のフルスペックをカバーした。

 カラーバリエーションは「NISHIKIGOI(赤)」「POOL(青)」「MOCHA BROWN(茶)」「SAKURA IRO(ピンク)」の4色。陽極酸化処理のアルミボディをベースに、タッチボタンをトリコロール配色としている。

 「スマートスイッチ」はフロントのBACK/HOMW/RECENTSキーを左から右へスワイプしてディスプレイを起動できるという新機能。IFNOBARならではの「iidaUI」と合わせて独自のシンプルで快適な操作性を実現している。

■AQUOS SERIE mini(シャープ製)

 コンパクトなハイスペックモデルをコンセプトにした、片手操作に対応する約4.5インチのスマートフォン。発売予定は1月下旬。IGZO搭載フルHD液晶を採用し、フレームを極限まで狭くした「EDGEST」デザインにより、本体横幅が63mmという、同じディスプレイサイズのスマートフォンよりもさらに本体を小型化している。カラーバリエーションはシアン/マゼンタ/ホワイト/ブラックの4色。

 昨年の他社キャリアから発売されたシャープ製スマートフォンに搭載された、人口知能によりスマホがユーザーに話しかけてくる機能「エモパー」がauの端末に初めて加わる。

 Android 4.4にクアッドコアCPUを採用。本機もauのVoLTEやCA、WiMAX 2+に対応し、3Gは非対応。SIMの種類はnano SIM。CPUは2.3GHzのクアッドコア。RAMは2GB、ストレージは16GBでmicroSDカードも使用可能。テレビ視聴・録画はワンセグのみ対応。おサイフケータイ、NFC、Bluetooth 4.0、本体防水をサポート。防塵設計は見送られている。

 カメラ機能を充実させ、AUTOモードでは撮影環境を自動で判断して、ファインダーを見ながら効果を確認して撮影ができる「リアルタイムHDR」をはじめ、フレーミングのアドバイス機能やインカメラによるワイド撮影、セルフタイマー撮影などセルフィー周りの仕様を充実させている。センサーは約1,310万画素のCMOS。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top