三ツ冨士繊維工業、ウェアラブル専用の高機能繊維を販売 | RBB TODAY

三ツ冨士繊維工業、ウェアラブル専用の高機能繊維を販売

エンタープライズ フォトレポート

東京ビッグサイトで開催の「ウェアラブルEXPO」に展示
  • 東京ビッグサイトで開催の「ウェアラブルEXPO」に展示
  • 東京ビッグサイトで開催の「ウェアラブルEXPO」に展示
  • 東京ビッグサイトで開催の「ウェアラブルEXPO」に展示
  • 東京ビッグサイトで開催の「ウェアラブルEXPO」に展示
  • 新製品「AGposs T1」
  • 三ツ冨士繊維工業ロゴ
 三ツ冨士繊維工業は15日、高い耐久性と導電性を持つウェアラブル専用繊維「AGposs T1」を発表した。19日より、大学・研究機関・企業向けに販売を開始する。

 「AGposs T1」は、リード線(導線)と同じ機能を持つ高機能繊維。ウェアラブル電極やリード線として利用されていた銀メッキ繊維「AGposs」に、12ミクロンの薄膜被覆を施すことで、1000回以上の洗濯にも耐えられる耐久性と柔軟性を実現した。

 シャツなどの着衣に加工し、心拍数、血圧、呼吸量などの生体情報の計測、GPS情報の取得に利用することが可能。参考価格(税抜)は300円/メートル(10,000メートル以上の発注時の参考価格)。

 なお、外部からの電波干渉をシールドできるタイプの繊維「AGposs T1Z」も同時に販売を開始するとのこと。価格は350円/メートル。

 また同製品は、現在東京ビッグサイトで開催されている「ウェアラブルEXPO」にて展示されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top