【ウェアラブルEXPO】スーツ型のキネティックセンサーでロボットを動かす | RBB TODAY

【ウェアラブルEXPO】スーツ型のキネティックセンサーでロボットを動かす

 ポリ乳酸フィルムについて共同開発をしていたテイジンと関西大学は「ポリ乳酸圧電ファブリック」という布全体が圧力センサーとなった素材を開発した。

エンタープライズ 企業
ウェアラブルEXPO
  • ウェアラブルEXPO
  • ウェアラブルEXPO
  • ウェアラブルEXPO
  • ウェアラブルEXPO
 テイジンは布全体が圧力センサーとなった素材「ポリ乳酸圧電ファブリック」に関する展示を行っている。

 ブースでは、この素材を組み込んだジャケットを作り人の動きに合わせて動くロボットをデモンストレーションを実施している。衣服として着ることができるウェアラブルなセンサーデバイスとして紹介している。

 これまでグローブやジャケットなどでロボットを制御する場合、圧力センサーをいくつも埋め込む必要があったが、この素材を使えば、作業着や普段着ている服でも簡単にロボットの操作ができる可能性があるという。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top