【物欲乙女日記】簡単おもちアレンジ、味も見た目も多彩に | RBB TODAY

【物欲乙女日記】簡単おもちアレンジ、味も見た目も多彩に

エンタメ その他

簡単おもちアレンジ
  • 簡単おもちアレンジ
  • 丸美屋「おもち亭 おもちとからめて!」
  • 作るのも簡単
  • あん作り
  • 味も見た目も多彩
 1月11日は鏡開き。お正月に余ってしまった「もち」をどう消費しようかと思っている家庭が多いのではないだろうか。丸美屋の「おもち亭 おもちとからめて!」はさまざまなバリエーションにアレンジできておすすめだ。

 丸美屋の「おもち亭 おもちとからめて!」は、ゆでたおもちとからめる商品。「さくらあんの素」「よもぎあんの素」「ずんだもちの素」「みたらしもちの素」「黒ごまだれの素」「つぶつぶいちご入りあんこもちの素」「黒みつ風味きなこもちの素」の7種類ある。切りもち1個分が個包装になっているので、ちょっと食べたい時でも使いやすい。

 作り方は簡単。「おもち亭 おもちとからめて!」をお湯で溶いて、ゆでたもちとからめるだけ。我が家では、4歳の子どもが率先してあん作りとおもちをからめるのを手伝ってくれた。ゆでたもちを小さくちぎって丸め、一口サイズに食べやすくしてみた。今回は4種類作り、子どもはできあがった色とりどりのおもちに満足な様子だった。

 季節限定の「さくらあんの素」は、桜の香りが口に広がり、ほんのり塩味もあって飽きない。「よもぎあんの素」も季節限定で、よもぎの深い緑色と香りが楽しめる。どちらも粒あずき入り。やわらかいおもちに粒あずきのしっかりした食感が良く合う。

 「ずんだもちの素」は、枝豆をすりつぶしたつぶつぶ感がもちとからみ、枝豆の味がしっかり感じられる。宮城県出身の父も「おいしい」と絶賛。「みたらしもちの素」は、甘辛いまろやかなしょうゆだれに、サクサクのあられが食感にアクセントを与えている。どの商品も「味」「食感」「見た目」で楽しめる。

 今回作ったアレンジおもちは家族に好評で、正月の余ったおもちはすっかり平らげてしまった。作り置きしておいても固くなりにくく、電子レンジで30秒ほど温めると、作りたてのようにホカホカやわらかくなる。

 おもち料理といえば、お雑煮やお汁粉、磯辺、きな粉が定番だったが、「おもち亭 おもちとからめて!」を利用すれば、手軽にバリエーションを増やせて、おやつにも最適。お正月以外でも、我が家はホームベーカリーでもちつきすることがあるので、つきたておもちでも試してみたい。
《工藤めぐみ(たべらぶ)》

関連ニュース

特集

page top