【ウェアラブルEXPO】ブラザー、ヘッドマウントディスプレイの次世代モデルを初披露 | RBB TODAY

【ウェアラブルEXPO】ブラザー、ヘッドマウントディスプレイの次世代モデルを初披露

IT・デジタル その他

初披露されたヘッドマウントディスプレイの次世代モデル「AiRScouter WD-200S」
  • 初披露されたヘッドマウントディスプレイの次世代モデル「AiRScouter WD-200S」
  • 初披露されたヘッドマウントディスプレイの次世代モデル「AiRScouter WD-200S」
  • 医療機関や建設現場での導入を見込んでいる
 ブラザー工業は14日、東京ビッグサイトで行われている「ウェアラブルEXPO」にて、7日に発表したヘッドマウントディスプレイの次世代モデル「AiRScouter WD-200S」を初披露している。

 同製品は、1,280×720ピクセルの高解像度とピント調整機能が特長。映像入力用のインターフェースとしてHDMI端子とビデオ端子を搭載しており、既存の機器などとも簡単に接続できる。

 医療機器のサブモニターとして活用のほか、オペーレーターなど離れた場所からの指示を受けながら作業を行うなど、さまざまな利用を見込んでいる。同社によると、現在ではすでに、医療機関や建設現場など20社近くが導入を検討しているという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top