若者応援プロジェクト「キミハツ」始動……経産省と連携し海外進出などを支援 | RBB TODAY

若者応援プロジェクト「キミハツ」始動……経産省と連携し海外進出などを支援

エンタープライズ その他

若者応援プロジェクト「キミハツ」が、「クールジャパン・ワールド・トライアル」と連携
  • 若者応援プロジェクト「キミハツ」が、「クールジャパン・ワールド・トライアル」と連携
  • インド・ニューデリーでのクールジャパン特設ブース
  • インド・ニューデリーでの商談風景(「富山の鋳物」を扱う株式会社能作)
  • ベトナムでの出展予定メンバー
 「オロナミンC」ブランドが立ち上げた働く若者を応援するプロジェクト「キミハツ」。未来の日本の産業を担う若者が取り組む事業などの紹介、事業提携機会の創出などに取り組んでいるが、12月18日に、経済産業省との連携を発表した。

 「キミハツ」は、大塚製薬「オロナミンC」ブランドによるプロジェクトで 、2014年2月からスタート。オロナミンCのキャッチコピー「元気ハツラツ!」になぞらえ、「未来をハツラツにできるか。」をテーマに、 公式WEBサイトでは、働く若者を密着取材した様子を動画や写真を通して紹介するほか、情報を発信している。

 「キミハツ」では、事業連携や業務提携の機会も提供しているが、今回、「クールジャパン・ワールド・トライアル2014事業」を推進する経済産業省と連携し、商材輸出や事業の海外進出を共同支援することが決定した。

 「クールジャパン・ワールド・トライアル2014事業」とは、海外の重点市場・成長市場であるインドネシア、ベトナム、インド、ロシア、メキシコの5カ国における、クールジャパン商材の進出支援・ビジネス機会促進を目的として経済産業省が実施している事業だ。

 これを受け、ベトナム(2015年1月9日~11日)、メキシコ(2015年1月30日~2月3日)で開催されるクールジャパン関連の展示会において、「キミハツ」ブースを出展し、「奈良の日本酒」「新潟のドレス」などの紹介を行う。

 なお、2014年11月14日~28日にインド・ニューデリーで開催された「IITF(India International Trade Fair)」では、「福岡のもんぺ」「富山の鋳物」を、11月29日~30日にロシア・モスクワで開催された「J-FE ST2014」では、「愛知の瀬戸物」「北海道の酢」などを紹介している。

 大塚製薬で「キミハツ」プロジェクトを担当する奥野誠司オロナミンCプロダクトマーケティングマネージャーは、「日本の若者が世界へ一歩踏み出すきっかけになれば」と、プロジェクトの意図を語る。さらにメンバー自身だけでなく、彼らが創出した製品の各国への進出支援が、世の中の多くの若者を勇気付けることも期待する。「『熱い想い』を大切に働いている若者が沢山います。この活動の輪を大きくし、日本の元気に繋がればと考えています」。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top