訪日外国人向け旅行・ホテル市場、日本への注目度でフィリピンが急上昇 | RBB TODAY

訪日外国人向け旅行・ホテル市場、日本への注目度でフィリピンが急上昇

エンタープライズ その他

前年比で日本への注目がもっとも高くなった国 トップ10
  • 前年比で日本への注目がもっとも高くなった国 トップ10
  • 日本の宿泊施設情報へのアクセスがもっとも多かった国 トップ10
  • 外国人旅行者にもっとも検索された都道府県トップ10とクチコミ評価の平均
 トリップアドバイザーは11日、訪日外国人旅行者、いわゆる「インバウンド」市場に関する調査結果を発表した。同社が運営するホテル・旅行クチコミサイトにおいて、日本での宿泊ページへのアクセス状況をベースに、訪日意欲が高いと思われる国を集計した。

 それによると、アクセス数が多かった国トップ3は米国、中国、台湾。一方、前年比で見たアクセス数の増加率がもっとも高かった国トップ3は、フィリピン、ベトナム、カナダとなった。なお、過去1年間で宿泊施設のクチコミをもっとも多く投稿したのは、米国、オーストラリア、イギリス、シンガポール、中国の旅行者だった。

 特に伸長率で見ると、フィリピンは前年比85%増と大きな伸びを見せ、高い訪日意欲が明らかとなった。そのほかアジア太平洋地域の新興国では、ベトナムも68%増、マレーシアも52%増と上位に並ぶ。フィリピンとベトナムは、本年9月にビザ発給の大幅緩和も外務省から発表されているため、その影響もある模様。

 都道府県別で、もっとも多く検索されたのは東京都と大阪府。宿泊施設の評価では、京都府のホテルや旅館が5段階中平均4.17ともっとも高いクチコミ評価を獲得している。

■日本の宿泊施設情報へのアクセスがもっとも多かった国 トップ10
順位 / 国名
1位 米国
2位 中国
3位 台湾
4位 オーストラリア
5位 シンガポール
6位 イギリス
7位 カナダ
8位 韓国
9位 マレーシア
10位 フランス

■前年比で日本への注目がもっとも高くなった国 トップ10
順位 / 国名 / 対前年アクセス増加率
1位 フィリピン 85%
2位 ベトナム 68%
3位 カナダ 66%
4位 マレーシア 52%
5位 米国 34%
6位 スウェーデン 33%
7位 シンガポール 31%
8位 ノルウェー 29%
9位 オーストラリア 27%
10位 イギリス 27%

■外国人旅行者にもっとも検索された都道府県トップ10とクチコミ評価の平均
順位 / 検索された都道府県 / その都道府県に存在する宿泊施設が獲得したクチコミ評価平均値
1位 東京都 4.08点
2位 大阪府 3.96点
3位 京都府 4.17点
4位 沖縄県 4.05点
5位 神奈川県 3.94点
6位 長野県 4.07点
7位 福岡県 3.91点
8位 千葉県 3.89点
9位 北海道 4.01点
10位 愛知県 3.83点
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top