グーグル、公式のアプリ開発環境「Android Studio」を公開 | RBB TODAY

グーグル、公式のアプリ開発環境「Android Studio」を公開

エンタープライズ モバイルBIZ

Android Studioロゴ
  • Android Studioロゴ
  • Android Studio 1.0がダウンロード可能に
  • セットアップウィザード
  • アプリのレイアウトを複数画面サイズで確認可能
  • Google Cloud サービスをアプリに組み込める
  • Android Studio でアプリで利用する文字列の翻訳を管理可能
  • Eclipseからのプロジェクトインポート
  • パフォーマンス解析画面
 米グーグルは現地時間8日、統合開発環境(IDE)「Android Studio 1.0」をリリースした。Android DevelopersのWebサイトから、Stable(安定版)がダウンロード可能。

 「Android Studio」は、Javaなどに対応する統合開発環境「IntelliJ IDEA」をベースに、Androidチームが公式に提供する開発環境。昨年プレビュー版がリリースされている。

 IDEの他、SDK群、Android 5.0(Lollipop)プラットフォーム、Google APIを含むAndroid 5.0エミュレータなどが含まれている。初回のセットアップ時に、必要なAndroid SDKのインストール、開発環境の設定、テスト用のエミュレーターの作成を行うことが可能。コード テンプレートも用意されている。

 「Android Studio」では、コード補完、リファクタリング、コード解析などIntelliJ IDEAのコード編集機能を利用できる他、アプリのレイアウトを、複数の画面サイズ、言語、APIバージョンで一覧できる。パフォーマンス解析、Eclipseからのプロジェクトインポートにも対応する。なおビルド システムはStudio自体からは独立しているため、Studioをアップデートしてもビルドには影響しないとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top