補助金が後押しする商店街設置防犯カメラの増加の背景 | RBB TODAY

補助金が後押しする商店街設置防犯カメラの増加の背景

ブロードバンド セキュリティ

商店街まちづくり事業は商店街などの事業者が申請して採択される。申請方法や採択事業者など詳細は中小企業庁のwebから確認が可能
  • 商店街まちづくり事業は商店街などの事業者が申請して採択される。申請方法や採択事業者など詳細は中小企業庁のwebから確認が可能
 2014年12月7日、広島県福山市の福山元町通商店街では改装工事が完了し、記念行事が行われた。LED化された街灯20基と防犯カメラ6台を設置、舗装や消防設備の改修が行われ、明るく安全な商店街として一新されている。

 改装工事の背景には、中小企業庁の商業・地域サポートによる補助金交付などがある。「まちづくり補助金」は、安全安心の街を作る事業に対して、必要経費の3分の2までを上限とした補助金を受けることができるシステムだ。今件でも商店街まちづくり事業への採択などで改修費約1億円のうち、国や市から約6,800万円の補助金が交付されている。

 他にも11月末には神奈川県厚木市の中央通り名店街と宿愛甲商工振興会も、まちづくり補助金の適用で街灯のLED化と防犯カメラの設置を行った。LED化によって商店街の明るさも向上し、防犯効果の向上とともに電気代も削減できる。安全で活気がある商店街を支える事業として「まちづくり補助金」は広く受けいられつつあり、同時に防犯カメラの普及も進んでいるのが現状だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top