ドライブレコーダー兼ウェアラブルカメラ「iON Adventure」発売開始 | RBB TODAY

ドライブレコーダー兼ウェアラブルカメラ「iON Adventure」発売開始

エンタープライズ モバイルBIZ

ドライブレコーダーモードでは古いファイルから上書きするが、衝撃感知で上書きしない機能も備える(画像は同社リリースより)。
  • ドライブレコーダーモードでは古いファイルから上書きするが、衝撃感知で上書きしない機能も備える(画像は同社リリースより)。
 サミット・グローバル・ジャパンは5日より小型ビデオカメラ「iON Adventure (アイオン アドベンチャー)」の販売を開始する。ドライブレコーダー機能を持つウェアラブルカメラでGPS機能も備えている。市場想定価格は税込み29,800円。

 運転時は車載使用でドライブレコーダーとして活用し、目的地についたらウェアラブルカメラとして運用…といった使い方が想定されている。レンズは120°の画角の広角レンズ。標準付属の車載マウントだけでなく、オプションでバイク用マウントなども用意されているため、ツーリング中の様子やMBTなどに取り付けての撮影も問題なくできるだろう。

 1080p/30fps H.264形式という高画質な動画撮影が可能。防水性能はIPX8を満たしており、水深10mまでケース不要で動作が可能となっている。ドライブレコーダーとしてはもちろんウェアラブルカメラとしても、マリンスポーツやアウトドアなどでとことんハードに使える。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top