台湾Plustekのネットワークビデオ監視システムが日本国内で発売開始 | RBB TODAY

台湾Plustekのネットワークビデオ監視システムが日本国内で発売開始

エンタープライズ セキュリティ

本体のケースはコンパクトなアルミ合金製。動作温度は-20度から+65度まで対応(画像はプレスリリースより)。
  • 本体のケースはコンパクトなアルミ合金製。動作温度は-20度から+65度まで対応(画像はプレスリリースより)。
  • 各カメラからの画像を集約し、インターネット経由で視聴や設定などが可能になる(画像はプレスリリースより)。
 台湾Plustekは11月27日、新型のネットワークビデオ監視システム「NVR Slim388Pro」を発表した。日本国内でも代理店を通じて販売する。NVR Slim388Proは大手カメラベンダーのネットワークカメラを数多くサポートし、省スペースで高い耐久性を備えているのが特徴だ。

 例として、動作温度が60度を超えるようなATM内などの高負荷環境では、PCベースのNVR(ネットワークカメラ専用ビデオレコーダー)の動作は厳しい。だが本製品であればそのような厳しい環境にも対応できるとしている。

 ONVIF(ネットワークカメラの規格)と互換を持ちカメラ接続数は8台、1280×720~240fps(8ch)、1920×1080~120fps(4ch)、最大16chのビデオ再生などに対応。もちろん日本語を含む多言語に対応している。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top