福井県立恐竜博物館でウェアラブル端末の実証実験 | RBB TODAY

福井県立恐竜博物館でウェアラブル端末の実証実験

 ソフトバンクモバイルは14日、ウェアラブル端末を利用した実証実験を、2015年1月中旬に福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)で実施することを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「福井県立恐竜博物館」サイト
  • 「福井県立恐竜博物館」サイト
  • 実証実験の概要
 ソフトバンクモバイルは14日、ウェアラブル端末を利用した実証実験を、2015年1月中旬に福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)で実施することを発表した。

 福井県の「ふくいe-オフィスプロジェクト補助金(ウェアラブル関連実証実験支援分)活用事業者募集」の公募に、企画案が採択されたとのこと。

 実験では、メガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」や腕時計型端末(利用機種未定)を用いて、AR(拡張現実)技術による恐竜の映像の表示や、展示の解説、館内のナビゲーションなどを行う。これにより、ウェアラブル端末の可能性について検証する。

 なお実験には、ACCESSのiBeacon(アイビーコン)を用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework」を開発したサービスプラットフォーム、および日本電気(NEC)が独自開発した画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」を活用する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top