嵐の「15年間」…苦悩、告白、そして真実を解き明かす | RBB TODAY

嵐の「15年間」…苦悩、告白、そして真実を解き明かす

エンタメ 音楽
「嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~」
  • 「嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~」
 今年デビュー15周年を迎えた国民的アイドルグループ、嵐。彼らの結成の地であるハワイで9月19、20日の両日にわたり行われた大規模な野外コンサート。その様子をはじめ、舞台裏や彼らの“素顔”に密着したNHK特番、「嵐 15年目の告白」が7日放送される。

 日本だけでなく世界中からファンがかけつけ、3万人を動員したハワイでのコンサート。しかし様々な困難がつきまとう。容赦なく襲う雨で、思うようにいかないリハーサル、そして本番でもアクシデントが……。しかし5人は、その結束力で乗り越えていくのだった。

 描かれるのは、ライブの演出を担当する松本潤の苦悩。若き日の病気のため、ハワイには苦い思い出を持つという相葉雅紀が抱く、今回のステージへの格別な思い。常に周囲を気遣い、現地スタッフとのコミュニケーションを大切にする櫻井翔。本番で予期せぬ事態に追い込まれた二宮和也をフォローした4人の機転。そして最後のアンコールでリーダー大野智が流した涙の訳……。初めてバックステージに入ったテレビカメラが、彼らの真実を明らかにする。

 そして、番組では「15年目の告白」と題して5人だけでのトークを収録。ライブ直後の興奮冷めやらぬメンバーが、今だからできる告白を今までの歩みを振り返り、本音で語り合う。

 櫻井は、「実は嵐は、僕らの年齢で、25歳ぐらいまでじゃないかな、と思っていた」。松本は、「正直な話、(あの時大野に)すっげーむかついたんだ、俺。(笑)」。二宮は「自分の仕事の姿勢は、リーダーの一言が作ったんだ…」など、過去を振り返るメンバー。そして、相葉は「あの頃、僕は、嵐にはもう戻れない、って思ってた」、大野は「正直嵐をやめようと思ったことがあって…葛藤していた時があった…」と、今だから話せる暴露も。さらに、今回初めて大野智がつけていたという日記が初公開され、メンバー誰もが知らなかった嵐15年の歴史の、知られざるエピソードが「告白」される。

 今や「アイドル」という枠を超え、華やかな世界の頂点で活躍する、嵐。15年間の葛藤、そして、5人が今輝く理由が、解き明かされる。

  「嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~」は、11月7日、NHKで午後10:00からオンエア。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top