『寄生獣』舞台挨拶にBUMP OF CHICKEN登場! 藤原「手汗がすごい…」 | RBB TODAY

『寄生獣』舞台挨拶にBUMP OF CHICKEN登場! 藤原「手汗がすごい…」

エンタメ 映画・ドラマ

緊張の面持ちで舞台に立つ、「BUMP OF CHICKEN」メンバー/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 緊張の面持ちで舞台に立つ、「BUMP OF CHICKEN」メンバー/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 染谷将太&深津絵里&橋本愛&東出昌大&山崎貴監督&「BUMP OF CHICKEN」メンバー/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 藤原基央(BUMP OF CHICKEN)/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 染谷将太/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 深津絵里/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 橋本愛/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 東出昌大/『寄生獣』ワールドプレミア
  • 染谷将太&深津絵里&橋本愛&東出昌大&山崎貴監督&「BUMP OF CHICKEN」メンバー/『寄生獣』ワールドプレミア
10月30日(木)、現在開催中の第27回東京国際映画祭にて、クロージング作品『寄生獣』のワールドプレミアが行われ、主演の染谷将太、深津絵里、橋本愛、東出昌大、山崎貴監督、さらに主題歌「パレード」を書き下ろしたロックバンド「BUMP OF CHICKEN」のメンバーが舞台挨拶に登壇した。

累計1,200万部を超える岩明均の大ヒットコミックを、2部作で実写映画化した本作。人間に寄生し、捕食する謎の生物“パラサイト”に襲撃されたものの、危うく脳の乗っ取りを免れた高校生の新一(染谷さん)が、右腕に寄生したパラサイトのミギー(阿部サダヲさん)と共に、彼らを敵と見なすパラサイトたちと戦いを繰り広げていく…。

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌も手がけ、山崎監督とは旧知の仲の「BUMP OF CHICKEN」。映画の舞台挨拶に登壇するのは初めてとあって、ボーカルの藤原基央は「手汗がすごいです…」と打ち明け、会場を笑いに包んだ。

そんな彼らだが、主題歌のオファーを受けた時のことを「原作は僕たちが10代の頃から語り合った作品だったし、監督の大ファンだったので、主題歌のオファーをいただいた時はビックリしましたけど、すごく嬉しかったです」とふり返ると、「でも、時間足りるのかな…と思いました」と切羽詰まった状況だったことを告白。

山崎監督は、その時のことを「いろいろと政治的なやりとりを超えてBUMPにお願いしたかったので、交渉事などがあって本当にギリギリな状況になってしまったんです。しかもいろいろなプロジェクトを抱えているところだったのに、無理やり友達枠でやっていただいて。本当にすみません」と明かしつつ、「でも、あの時間でよくここまでカッコいい曲を書いていただいたなと思います」と感謝。

「すごい状況の中で、それでもがむしゃらに走っている新一の姿が浮かぶ曲。疾走感が半端なくて、『パート1』から『パート2』への橋渡しという意味でもすごくいい仕事をしてくれたと思います。何よりカッコよくて、頼んで良かったなと思いました」と手放しで褒めちぎり、その苦労をねぎらっていた。

映画『寄生獣』は11月29日(土)より全国東宝系にて公開。

『寄生獣』舞台挨拶にBUMP OF CHICKEN登場! 藤原基央は大緊張「手汗がすごい…」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top