大阪府枚方市が防犯カメラを250台新規設置 | RBB TODAY

大阪府枚方市が防犯カメラを250台新規設置

大阪府枚方市は市内の全小学校と駅周辺に250台の防犯カメラを新設し、平成27年度(2015年)4月より運用を開始する。

ブロードバンド セキュリティ
枚方市の犯罪発生件数は防犯カメラ設置以降減少傾向だが、今回の増設でさらなる抑止効果が期待される(写真はイメージです)。
  • 枚方市の犯罪発生件数は防犯カメラ設置以降減少傾向だが、今回の増設でさらなる抑止効果が期待される(写真はイメージです)。
 大阪府枚方市は市内の全小学校と駅周辺に250台の防犯カメラを新設し、平成27年度(2015年)4月より運用を開始する。これにより全45の小学校区と、市内すべてのJR・私鉄駅周辺に防犯カメラが設置されることになる。

 カメラシステムは無線式(ワイヤレス式)防犯カメラで、新設に伴う事業費は5年リースで約1億8400万円。全45小学校区に各5台と、未設置の駅周辺等に25台を設置する。

 枚方市では平成23年以降、犯罪発生数が多い駅周辺を中心に、防犯カメラの設置を順次行ってきた。今回の設置を含めて枚方市が設置した防犯カメラの総数は合計329台となる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top