安達祐実、「家なき子」放送当時いじめ受けてた | RBB TODAY

安達祐実、「家なき子」放送当時いじめ受けてた

エンタメ その他

「第27回東京国際映画祭」での安達祐実
  • 「第27回東京国際映画祭」での安達祐実
  • 安達祐実(資料画像)
 女優・安達祐実が29日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、ドラマ「家なき子」放送時に学校でいじめを受けていたことを告白した。

 「家なき子」が放送開始された当時、中学1年生だった安達。子役として大きな成功をおさめた一方、学校生活は順調なものではなかったようで、「皆ドラマのイメージで私のことを見るので、ドラマの中でやっているようないじめを実際に学校でもされてしまうという状態でした」と打ち明けた。

 安達は、「上履きを花壇の土に埋められたり、体操着を切られたり、そういうことがしょっちゅうありました」と明かす。親や教師はいじめをなくそうと取り組んでいたが、阻止しきれていない部分もあったという。「自分の居場所が学校では全然見つけられないぶん、仕事場で自分の居場所を見つけて生きてたって感じでした」と当時の心情を振り返った。
《原田》

関連ニュース

特集

page top