紅葉のベストな見ごろがわかるスマホアプリが登場! | RBB TODAY

紅葉のベストな見ごろがわかるスマホアプリが登場!

エンタメ その他

色づきあざやかマップ
  • 色づきあざやかマップ
  • 10月14日作成のマップ
  • 10月23日作成のマップ
 ウェザーニュースは、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「紅葉ch.」にて紅葉の色づきを実況する「色づきあざやかマップ」の提供を開始した。また紅葉写真を紹介する「絶景写真館」も同時にスタートする。

 「色づきあざやかマップ」は、利用者に絶好のタイミングで紅葉狩りを楽しんでもらうため、全国700万人のウェザーリポーターから寄せられる紅葉写真や、全国3,000か所の気象観測システム「WITHセンサー」から得られる、日照・気温・湿度などの色づきに影響を与えるデータを活用し、作成。色づきがあざやかなエリアを段階的に色分けし、特に色づきが良いエリアを「あざやか」と「すごくあざやか」で表示することで、紅葉狩りに適した地域がわかるようになっている。また、PC版の同サービスでは、マップ上にプロットされた紅葉マークをクリックすると、紅葉写真を見ることができる。

 「絶景写真館」では、ウェザーレポーターから寄せられた紅葉写真の中でも特に綺麗な写真をコメントとともに公開している。紅葉の名所の絶景写真や、身近な公園の自慢できる写真を「絶景写真館」でシェアすることで、多くの利用者と感動を共有することができるという。紅葉狩りの計画を立てるのに活用できるほか、多忙で出掛けることができない人にとっても全国から寄せられた錦色の絶景写真は日々の気分転換に役立ちそうだ。また、ガイドブックには掲載されない近所の公園の色づき状況も確認できるので、子どもとの散歩や、ママ友同士のピクニックなど多岐に渡り活用できる。

 今年は、太平洋高気圧の勢力が早々に弱まったことで、秋の訪れが昨年より1週間程度早まり、現在は東北で紅葉の「あざやか」なエリアが多くみられるという。また朝晩の冷え込みや十分な日照がちょうど良く影響し、全国的に綺麗な紅葉が楽しめるとのことだ。

絶好のタイミングで紅葉狩りが楽しめるスマホアプリ

《小林瑞季》

関連ニュース

特集

page top