WiMAX 2+がキャリアアグリゲーションを来春導入……下り最大速度220Mbpsに | RBB TODAY

WiMAX 2+がキャリアアグリゲーションを来春導入……下り最大速度220Mbpsに

ブロードバンド テクノロジー

周波数切り替えのイメージ
  • 周波数切り替えのイメージ
  • キャリアアグリゲーションを来春導入
  • 「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」サイト
 UQコミュニケーションズは27日、「WiMAX 2+」サービスに対して、来春から「キャリアアグリゲーション」を導入することを発表した。現行の下り最大速度110Mbpsが、下り最大速度220Mbpsに向上する見込みだ。

 「キャリアアグリゲーション」は、複数の電波(キャリア)を同時に使用して、データ通信を高速化する技術。現在、WiMAXサービスを提供している周波数帯域30MHzのうち20MHzをWiMAX 2+サービスへ切り替えることで、WiMAX 2+の周波数帯を拡大する。

 なお、これにともない、WiMAXサービスの下り最大速度40Mbpsエリアは、来春より順次、下り最大速度13.3Mbpsエリアへ低下する。そのためUQでは、WiMAXユーザーが手持ち機器をWiMAX 2+対応ルーターに無料交換できるプログラム「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を11月1日より実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top