東南アジア5か国、サイト表示にかかる時間は日本の約2倍~約8倍 | RBB TODAY

東南アジア5か国、サイト表示にかかる時間は日本の約2倍~約8倍

 シーディーネットワークス・ジャパン (CDNetworks) は9日、東南アジアからのウェブパフォーマンス比較レポート「東南アジアから見た日本のウェブサイト-2014年9月3日~9月9日調査より-[日本語版]」を公開した。

ブロードバンド テクノロジー
大手企業22社のウェブサイト表示時間(国別平均)
  • 大手企業22社のウェブサイト表示時間(国別平均)
 シーディーネットワークス・ジャパン (CDNetworks) は9日、東南アジアからのウェブパフォーマンス比較レポート「東南アジアから見た日本のウェブサイト-2014年9月3日~9月9日調査より-[日本語版]」を公開した。

 同レポートは、9月3日から一週間、インドネシア/シンガポール/フィリピン/マレーシア/ベトナム/日本から、日本の大手企業22社のサイトを閲覧した際にかかる表示時間を調査したもの。さらにその原因と対策もあわせて紹介している。

 同レポートによると、インドネシアから日本企業のウェブサイトを表示すると平均で7.6倍、もっとも早いマレーシアでも2.3倍と、調査した22社のウェブサイトすべてにおいて、東南アジア各国からの閲覧では、日本国内からの閲覧に比べて時間がかかることが判明した。

 同社では、「一般に、表示にかかる時間が1秒増えるとコンバージョンが7%減り、PVは11%減少、顧客満足度は16%低くなるといわれています。そのため、東南アジア向けに事業を行う企業は、対策が急務であるといえます」と指摘している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top