“ももクロ弟分”「超特急」が初冠番組! 『めざましどようび』内でスタート | RBB TODAY

“ももクロ弟分”「超特急」が初冠番組! 『めざましどようび』内でスタート

エンタメ その他

超特急
  • 超特急
  • 『超特急のふじびじスクール!』メンバー
  • 『超特急のふじびじスクール!』
 ももクロの弟分ユニットとして活動中の男性音楽ユニット、超特急の初の“冠番組”となる情報バラエティ番組『超特急のふじびじスクール!』が、10月4日から放送される。フジテレビ系『めざましどようび』内での展開となる。

 超特急は、ももいろクローバーZと同じ事務所に所属し、企画「恵比寿学園男子部(略して『EBiDAN』エビダンと称される)」から派生した男性音楽ユニット。メインダンサーは5人だが、シングルごとにセンターを務めるダンサーが変わり、また、各メンバーがそれぞれの「色」をもつなど、「ももいろクローバーZの遺伝子を継承した男性グループ」「ももクロの弟分」と呼ばれる。

 『超特急のふじびじスクール!』は、情報バラエティ番組として、土曜日の朝の情報番組『めざましどようび』内で展開される。番組では、お笑い芸人・安田大サーカスの団長安田を先生役に迎え、生徒役の超特急に、テーマとなる商品や情報などの面白さや新しさ、ポイントなどを指導して学ばせる形をとる。

 超特急のメンバー、リョウガは、「超特急初の単独冠番組が決まり、とても嬉しく思う」と喜びを表し、この番組を通して、「超特急がこれから先、非アイドルとして突っ走って行くのに必要な沢山のことを学べるのではないかと確信している」と述べた。また、共演の団長安田については、「本当の先生のように慕い、学び、たくましく成長していきたい。“団長先生”と超特急で化学反応を起こし、新しい超特急を番組で伝えていく」と、親愛をこめた。

 団長安田は、「超特急の第一印象は、めちゃめちゃかっこいいグループというイメージだったので、果たしてバラエティでバカなことやボケをやってくれるかなと心配だったが、実際に一緒に番組でからんでみると、大変好感が持てた」と語り、「彼ら(超特急)みたいな息子が欲しいと思いましたね」と笑いを誘った。

 『超特急のふじびじスクール!』は、フジテレビ系関東ローカルで10月4日から、土曜日の午前6時放送の情報番組『めざましどようび』内での30秒インフォマーシャルにて放送される。また、番組の動画が放送終了後からフジテレビのオフィシャルサイト内で公開される。
《》

関連ニュース

特集

page top