iPhone 6の進化したポイントとは?……カメラ機能やポータビリティをチェック | RBB TODAY

iPhone 6の進化したポイントとは?……カメラ機能やポータビリティをチェック

 アップルから最新スマートフォン「iPhone 6/6 Plus」が発売された。ここでは「iPhone 6」のカメラ機能などを中心に試用インプレッションを報告しよう。

IT・デジタル スマートフォン
4.7インチの「iPhone 6」
  • 4.7インチの「iPhone 6」
  • 本体の背面。アルミをメインとしたボディに、一部樹脂製のパーツを組み合わせている
  • 画面を斜めの角度からのぞき込んでみても視認性が落ちることが少ない
  • iPhone 5sとのサイズ比較
  • iPhone 5sよりも薄型な本体サイズを実現
  • iPod touch 5Gとほぼ同等の厚みとしている
  • 240fpsのハイフレームレート撮影に対応。本体でスローモーション再生が楽しめる
  • 撮影した画像はトリミングモードで回転補正も行えるようになった
 アップルから最新スマートフォン「iPhone 6/6 Plus」が発売された。ここでは「iPhone 6」のカメラ機能などを中心に試用インプレッションを報告しよう。

 今回アップルが投入した最新のiPhone 6は、昨今のスマホのトレンドに合わせて画面をiPhone 5s/5cの4インチから、少し大きな4.7インチへとステップアップ。画面が大きく、見やすくなったようだが、そのぶんポータビリティは損なわれていないだろうか?

 実機を手に取ってみると、フレームのエッジ部分が滑らかにラウンド処理されているので、手のひらの上でのフィット感がグンと向上していることに先ず気がつくだろう。画面が大きくなって、質量もiPhone 5sから17gほど増えていることを感じさない軽やかさだ。

 フロントガラスもエッジが曲面処理されているので、フィット感が高まっただけでなく、ルックスも全体的に柔らい印象を纏ったようだ。カラーバリエーションにはゴールド/シルバー/スペースグレイの3色が揃ったが、スペースグレイのみフロント側のマスクがブラックになっているので、艶やかなガラスパネルと相俟った高級感もあり、何より動画やゲーム再生時に最も高い没入感が得られそうだ。

 背面を見てみると、センタートップの位置にアップルのロゴマークが輝いている。アンテナ感度を確保するためか、背面の上下に一部樹脂製のパーツが用いられているほかは、ボディ全面を覆うようにアルマイト仕上げのアルミニウムが使われていて高級感もひとしお。iPhone 5sのゴールドを使っている筆者としては、ゴールドのアルミパネルの上下をホワイトの樹脂製パネルで上下からサンドイッチされているデザインがとても残念だったので、さらにメタリックな一体感が高まったiPhone 6/6 Plusのリアパネルを見て、一気にiPhone 6が欲しくなった次第だ。

 リアカメラはレンズカバーの部分が本体から少し飛び出た形状になっている。iPhone 6 Plusのレポートでは、これがさほど気にならないと報告したが、半日持ち歩いてみるとふとした時にゴツゴツ当たる感触が気になり始めた。ただ、恐らく純正のものや、サードパーティーから発売されるケースを装着すれば、レンズ部分とケースの面が上手い具合に合って気になることもなくなるだろう。iPod touch 5Gもカメラユニットが本体からやや飛び出た形状になっていて、筆者は普段から本機をケースにいれて持ち歩いているが、購入以来そのカタチが気になったことはない。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top