ケイ・オプ、メガネ型端末でランナーに情報配信……大阪マラソン | RBB TODAY

ケイ・オプ、メガネ型端末でランナーに情報配信……大阪マラソン

 ケイ・オプティコムは19日、ランナーが装着するメガネ型ウェアラブル端末に向け、走行関連情報や応援メッセージ、コース沿道周辺の観光情報を自動配信するアプリケーション「グラッソン(Glassthon)」をACCESSと共同開発したことを発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
情報表示イメージ
  • 情報表示イメージ
  • 「グラッソン」イメージ
  • 塚本昌彦教授、檜垣さゆり氏などがテストランナーとして参加
  • 「ランナーズ・アイ」の主な機能
  • 「ハシログ」の主な機能
 ケイ・オプティコムは19日、ランナーが装着するメガネ型ウェアラブル端末に向け、走行関連情報や応援メッセージ、コース沿道周辺の観光情報を自動配信するアプリケーション「グラッソン(Glassthon)」をACCESSと共同開発したことを発表した。

 また「大阪マラソン2014」(10月26日開催)において、テストランナーがソニーが開発した透過式メガネ型端末「SmartEyeglass」を装着してフルマラソンを走破する実証実験を実施する。神戸大学塚本昌彦教授、タレントの檜垣さゆり氏など、数名のテストランナーが「SmartEyeglass」を装着してフルマラソンを走る予定。情報の視認性や情報配信頻度、ウェアラブル端末そのものの装着感などを検証するのが狙い。

 マラソンにおけるランナーの位置情報を活用し、ランナー動画配信・走行位置のマップ表示などを行うサービス「ランナーズ・アイ」を用いて、5kmごとに通過時刻や区間タイム、順位などを表示する。同時にトレーニングサポートアプリ「ハシログ」を用いて、1kmごとに平均速度・平均ペース・消費カロリーなどを表示する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top