杉本彩、盲導犬刺傷事件に「激しい怒りを感じます」 | RBB TODAY

杉本彩、盲導犬刺傷事件に「激しい怒りを感じます」

11日、女優の杉本彩が東京都内で開催された「ペット長寿国プロジェクト発足記者発表会」に出席、盲導犬刺傷事件について感想を聞かれた杉本は「激しい怒りを感じます」と犯人に対して憤った。

エンタメ その他
ペット長寿国プロジェクト広報大使に就任した杉本彩さん
  • ペット長寿国プロジェクト広報大使に就任した杉本彩さん
  • ペット長寿国プロジェクト広報大使に就任した寺門ジモンさん
  • ペット長寿国プロジェクト発足記者発表会
  • ペット長寿国プロジェクト発足記者発表会
  • 杉本彩さんのプライベート写真
  • ペット長寿国プロジェクト発足記者発表会
  • 寺門ジモンさんのプライベート写真
  • 会場ではペットに健康に関するクイズに二人が回答した
 11日、女優の杉本彩が東京都内で開催された「ペット長寿国プロジェクト発足記者発表会」に出席、盲導犬刺傷事件について感想を聞かれた杉本は「激しい怒りを感じます」と犯人に対して憤った。

 この日、杉本は、タレントの寺門ジモンとともに「ペット長寿国プロジェクト」広報大使に就任。会見の中で盲導犬刺傷事件について感想を聞かれた寺門は「悲しいですよね本当に。そんなことがある世の中にして欲しくない」、杉本は「犯人に対しても怒りを感じますが、盲導犬がしっかりと守られていない未熟な社会に対してもすごく疑問を感じます」と憤った。

 二人が広報大使に就任した「ペット長寿国プロジェクト」は、ペットの健康的な長寿の実現に向けて、ペットオーナーへ適切な「食事」「運動」「定期予防」の3つのポイントに関する情報発信をするプロジェクト。日本のペットの平均寿命を3歳延ばし、日本がペット長寿国No.1になることを目指すという。

 プライベートでは、9匹の猫と3匹の犬、12匹のペットと暮らす杉本。ペットとの生活の中で「猫も20歳近くなると、全てを悟っているような感じになる」と明かし、一番の長寿となった猫の“モモタロウ”のことに触れると「すごく長生きして、最期は2週間くらいつきっきりで介護して、納得のいくかたちで見送ることができた」と話した。ペットとの別れに関して杉本は「命は必ず終わりを迎える訳ですから、後悔のないように一日一日を大切に一緒に生きていく感覚が大事」との考えを語った。

 さらに、昨年はペットのために運転免許を取得したという杉本。「とにかく犬を最高のお散歩スポットに連れて行きたいという思いが強くて、45(歳)で京都の自動車教習所に通いました」と明かし、「まもなく免許をとって一年になりますが、人生とか行動範囲が変わりましたし、愛が人を変えるなと感じました」と語った。

 ペットオーナーとなっている人に向けて、杉本は「猫達も人と同じように年を重ねていって病気になることもあるし、いつか老いていくということを理解して欲しい。(ペットは)言葉を持たないぶん、私たちが変化に注意を配って、しっかりとした運動と定期的な検診をして、たっぷりの愛情を注いで大切に見守って欲しいと思います」と、メッセージを贈った。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top