Apple Watch……タッチ操作だけでなく、押したり回したりも | RBB TODAY

Apple Watch……タッチ操作だけでなく、押したり回したりも

●ラインナップは3種

IT・デジタル スマートフォン
Apple Watch。左から「Apple Watch SPORT」、「Apple Watch」、「Apple Watch EDITION」。
  • Apple Watch。左から「Apple Watch SPORT」、「Apple Watch」、「Apple Watch EDITION」。
  • Apple Watch
  • Apple Watch (c) Getty Images
  • Apple Watch (c) Getty Images
  • iPhone 6とApple Watch
  • iPhone 6を持ち、Watchを装着したティム・クック (c) Getty Images
●ラインナップは3種

 アップルは、日本時間の10日に米国カリフォルニアにて、腕時計型の新端末「Apple Watch」を発表した。価格は349米ドル、発売開始は2015年1月と少々先の登場となるが、発表内容をもとに詳細を見ていこう。

 発表されたApple Watchは3種。ディスプレイにサファイアコーティング処理が施された標準モデルの「Apple Watch」、スポーツ向けに酸化皮膜処理が施され60%耐久性が向上した「Apple Watch SPORT」、18金の処理とサファイアクリスタルコーティングが施された「Apple Watch EDITION」。バンドは交換可能で複数のカラーや素材バリエーションが用意される予定だ。

 まず注目したいのは、ハードウェア部分。インターフェイスの軸となるのは、前面にサファイアコーティングが施されたタッチパネル(Apple Watch SPORTは強度を高めたIon-Xガラス)。タッチ操作自体は iPhoneシリーズで馴染みのあるものだが、Apple Watchではそれに加えて、画面を押す操作を識別できるという。タッチパネルだけでなく、ボタンでの操作を取り入れている。

 たとえば右側に配置された竜頭状のボタンとなる「デジタル竜頭」。アナログ腕時計と同じように回転させることができ、地図のズームやメニューの選択といった細かな操作が可能となっている。デジタル竜頭の下には、連絡先を呼び出すためのボタンが配置されている。ひと押しで友人などを一覧して、メッセージを送信したりといった操作が可能だ。

●心拍計など数多くのセンサー

 この手のスマートデバイスでキモとなるセンサーだが、ジャイロセンサー、加速度センサーといったスマートフォンで馴染み深い機能が盛り込まれている。腕時計を見る姿勢を取ればセンサーが腕の動きを検知し、自動でホーム画面を表示する。また、スピーカーとマイクを内蔵していため、アラームを鳴らしたり、音声入力を行ったりすることが可能だ。

《外村克也》

関連ニュース

特集

page top