「経営者の終活」……日弁連が中小・零細企業向け相談会を実施 | RBB TODAY

「経営者の終活」……日弁連が中小・零細企業向け相談会を実施

エンタープライズ 企業

日弁連による中小企業向け無料相談会
  • 日弁連による中小企業向け無料相談会
  • 日弁連による中小企業向け無料相談会
  • 日弁連による中小企業向け無料相談会
  • 日弁連による中小企業向け無料相談会
  • 日弁連による中小企業向け無料相談会
  • 日弁連による中小企業向け無料相談会
 日本弁護士連合会や東京弁護士会などは9月6日、東京・池袋で中小・零細企業の経営者らを対象に、「経営者の終活」をメーンテーマとした無料法律相談会を開催。急増する“隠れ倒産”の主因とされる事業承継や相続問題などの悩みに対応した。

 中小・零細企業の“隠れ倒産”の主因のひとつである事業承継問題は、経営者の高齢化もあり「深刻」といわれている。

 「都内のオーナー企業のうち、4社に3社は後継者が不在」「2013年度の日本の中小企業などの倒産件数が5年連続減少しているのに対し、休廃業・解散といった隠れ倒産は年々増加傾向、過去10年で最多」(日弁連)という状況を鑑み、同イベントでは若手からベテランまでの弁護士が、親族内承継、従業員への承継、社外M&Aの事例を踏まえた解決手段などを、法的視点からアドバイスした。

 また同イベントでは、各分野に精通した弁護士による無料セミナーも実施。「事業の引継」(堂野達之氏)、「効果的な債権回収の手段」(関口慶太氏)、「セクハラ・パワハラ対策」(本井克樹氏)、「退職勧奨」(近藤圭介氏)など、昨今の中小企業の経営者が悩んでいるテーマについて来場者に解説した。

 日弁連は、「苦労の絶えない経営者」の語呂に合わせ、9月6日(くろう=9・6)の同イベント開催を皮切りに、約10日間かけ、全国45都道府県52か所の会場で同様の無料相談会を実施。中小企業経営者が弁護士と面談予約できる専用ダイヤル「ひまわりほっとダイヤル」も設け、「中小企業経営者の相談を気軽に受け付ける体制づくりに努めたい」としている。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top