東京メトロ、全線の列車位置等をオープンデータ化……活用アプリコンテストを開催 | RBB TODAY

東京メトロ、全線の列車位置等をオープンデータ化……活用アプリコンテストを開催

 東京メトロは19日、日本の鉄道事業者として初めて全線の列車位置、遅延時間等に係る情報をオープンデータで公開することを発表した。あわせてこのデータを活用したアプリの開発を競う「オープンデータ活用コンテスト」を9月12日から実施する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「東京メトロ」10周年記念サイト
  • 「東京メトロ」10周年記念サイト
  • コンテスト募集概要
 東京メトロは19日、日本の鉄道事業者として初めて全線の列車位置、遅延時間等に係る情報をオープンデータで公開することを発表した。あわせてこのデータを活用したアプリの開発を競う「オープンデータ活用コンテスト」を9月12日から実施する。

 “より便利でより快適になるような「もっとうれしい」アプリ”がテーマで、グランプリ作品には賞金100万円が贈られる(賞金総額200万円)。東京メトロは今年創立10周年を迎えており、公共交通事業者としては日本で初めて、オープンデータ公開とコンテスト開催を実施するとしている。

 オープンデータ化されるのは、すでにホームページで公開している列車時刻表、駅別乗降人員、バリアフリー等の情報に加え、今回初めて東京メトロ全線の列車位置、遅延時間等に係る情報(方向、列車番号、列車種別(普通、急行、快速等)、始発駅・行先駅、車両の所属会社、在線位置(ホーム、駅間の2区分)、遅延時間(5分以上)の情報となる。

 アプリケーションは、Webアプリ、Androidアプリ、iOSアプリ、Windowsストアアプリのいずれかで、募集期間は11月17日まで。応募方法や詳細は、東京メトロ10周年スペシャルサイトに記載されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top