ブルーレイの新仕様、両面で200GB記録可能な「BD-DSD」 | RBB TODAY

ブルーレイの新仕様、両面で200GB記録可能な「BD-DSD」

 ブルーレイディスク アソシエーションは米国時間18日、新たな両面ディスク「BD-DSD」の仕様を策定したことを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
「Blu-ray Disc License Office」サイト
  • 「Blu-ray Disc License Office」サイト
  • 「ブルーレイディスクアソシエーション」日本語公式サイト
 ブルーレイディスク アソシエーションは米国時間18日、新たな両面ディスク「BD-DSD」の仕様を策定したことを発表した。

 BD-DSDディスクは、両面で200GB(100GB/片面)のデータ記録が可能となっている。ビッグデータなどの産業用途での使用が想定されており、ペタバイトクラスのデータ蓄 積用の大規模なシステム構成でも、正常に機能するように設計されているという。

 BD-DSDディスクは、数枚から数百枚のディスクを収納できるディスク・カートリッジに搭載されるようデザインされており、データセンターでは、複数のカートリッジを使うことにより、単一のセットとして、数ペタバイトのデータ処理が可能となる。アクセスタイムは、通常のHDDのアクセスタイムと匹敵するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top