「今秋にはまた新しいプランと端末を発表したい」……mineo発表会質疑応答 | RBB TODAY

「今秋にはまた新しいプランと端末を発表したい」……mineo発表会質疑応答

ブロードバンド 回線・サービス

ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ グループマネージャー、津田和佳氏
  • ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ グループマネージャー、津田和佳氏
  • 新たにラインアップされたシャープ製の「AQUOS SERIE」
 ケイ・オプティコムは携帯電話サービス「mineo」の新プランおよび端末の発表会を開催した。同社モバイル事業戦略グループのグループマネージャー、津田和佳氏が会場に集まった記者からの質問に答えた。

――新料金プランが発表されたが、1/2/3GBそれぞれの割合はどれぐらいで推移するとみているのか

津田氏:やはり1GBが一番多いだろう。6~7割が1GBで、残りを2/3GBで構成することになるのではないか。これまで1GBでは不足して、“おかわり”するお客様も結構いたので、そういう方には2/3GBのプランは魅力的に感じられるはず。

――客層はどう変化する

津田氏:これまでに躊躇していたお客様が利用を始めてくれるケースが増えると期待したい。当社としても積極的にプロモーションして、リテラシーが高めの方々を新しい顧客として取っていきたい。今のところ、他のMVNOから乗り換えていらっしゃる方も想定以上に多いようだ。価格の魅力だけでなく、通信速度を含めた品質の良さが評価されている。

――サービスインから1ヵ月半で2万件の契約があり、うち20%が端末とのセットということだが、端末の売れ行きについてどう考察する。新端末ではどれくらいの売上を見込んでいるか

津田氏:端末はよく売れているが、予想以上にSIM単体のお客様が多く、見込んでいた20%以上の比率には到達していない。これまでに台数としては5,000台ぐらい売れていて、当初の計画を上回る出来だ。関心の高い新端末が牽引して、比率は上がるとみている。やはり同じく5,000台ぐらいを売上目標に掲げたい。

――サービス開始当初に出荷が遅れたりサポートでのトラブルもあったが、現状は問題ないのか

津田氏:当初、1日に当社が対応できる件数以上のお申し込みがあったため、トラブルを起こしてしまったことは事実だが、今ではだいぶ落ち着いてきた。今後はWeb上でユーザー同士がサポートし合えるユーザーコミュニティ的なサービスの設置についても考えている。ユーザーが皆で盛り上げられるサービスにして、マジョリティー層の獲得にもつなげたい。

――契約数が好調ということだが、上方修正はあるのか

津田氏:確かにスタートダッシュは良かった。初年度10万件について、気持ちとしては上方修正をしたいが、今のところは市場を見守りながら手堅く達成していきたい。

――端末セットとSIM単体、それぞれに1台目需要と2台目需要にどう応えているという感触があるのか

津田氏:もっと1台目需要が増えると思っていたが、2台目として併用されているお客様もまだ多い。mineoが1台目として使えるという信頼感をより広く得ていきたい。

――端末の調達はどう行っているのか

津田氏:KDDIのラインナップとして加わったものを、当社のサービスに合わせカスタマイズしてメーカーから調達している。

――mineoの端末以外でもキャリアアグリゲーションとWiMAX2+は使えるのか

津田氏:使用可能だ。

――3Gには対応していないが今後も対応しないのか

津田氏:最初にKDDIと接続交渉をしたときにLTEを選んだ。キャリアの主軸ネットワークはLTEの方向に進んでいくだろうから、今後の3G対応についても予定はない。現状のLTE一本で行くつもりだ。

――キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+はmineoのユーザーにどれくらい響くと考えているか

津田氏:恐らく1~2割程度のお客様に支持されるだろう。お客様がどれくらい楽しんで使っていただけるかは、これから反響を見ていきたい。

――今回発売される新端末にはSIMロックがかかっているのか

津田氏:キャリアロックがかかっている。auは解除サービスを行っていないので、この端末でも同じく解除はできない。

――MVNOとして画期的なキャリアアグリゲーション、WiMAX2+対応なのに、値段は据え置きにしているが

津田氏:MVNOの中での市場価格を見比べている。あまりに高い製品を投入すると、キャリアとの差別化が図りづらくなる。

――なぜUQが提供するWiMAX 2+が使えるのか

津田氏:当社はUQとではなくKDDIと契約をしており、その内容に従ったもの。なぜ使えるのかについては契約内の重要な機密事項に当たる部分なので答えることができない。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top