NICT、ロンドン市街地で40Mbps高速ブロードバンド通信に成功 | RBB TODAY

NICT、ロンドン市街地で40Mbps高速ブロードバンド通信に成功

ブロードバンド テクノロジー

固定地点間通信の位置と実験の様子
  • 固定地点間通信の位置と実験の様子
  • NICT が開発した周波数管理データベースの操作画面イメージ
 情報通信研究機構(NICT)は23日、英国情報通信庁が主催するテレビホワイトスペース(空き周波数帯)の通信試験において、ロンドン市街地で40Mbps以上の移動体高速ブロードバンド通信と3.7kmの固定地点間通信に成功したことを発表した。

 市街地においては、刻々と変化するテレビ放送やラジオマイク等のさまざまな情報を考慮して、ホワイトスペースを利用する必要がある。今回NICTでは、周波数管理データベースを用いることにより、電波干渉等が多いロンドン市街地でも、テレビ放送に影響を与えずに通信することに成功した。

 英国情報通信庁では、試験への参加機関を公募。NICTは、無線機とデータベースの両方の公募に参加した。NICTが規格策定に携わったIEEE 802.11afを使用し、欧州ETSI基準に従い不要電波を厳しく抑制した小型無線機と、周波数管理データベースを使用することで、電波干渉の多い市街地における3.7kmの固定地点間通信に成功した。また、NICT独自開発のホワイトスペース帯LTE通信システムを使用することで、既存の携帯電話システムとの共通制御が可能な移動体高速ブロードバンド通信に成功した。

 なお、ホワイトスペースを用いた移動体高速通信と固定地点間の通信試験を、市街地で実施したのは、世界で初とのこと。今後は、英国だけでなく、世界各国のホワイトスペースの制度化に貢献することが期待されるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top