複数SNSをまたいだ日程調整が可能な「コノヒ」、イオレが提供開始 | RBB TODAY

複数SNSをまたいだ日程調整が可能な「コノヒ」、イオレが提供開始

ブロードバンド ウェブ

「conohi」イメージ
  • 「conohi」イメージ
  • 「らくらく連絡網」アプリイメージ
 連絡網サービス「らくらく連絡網」を運営するイオレは9日、新サービス「conohi(コノヒ)」の提供を開始した。Facebook、Twitter、LINEなどのSNSを利用する人、メールのみを利用する人の間で、スケジュール調整ができるサービスとのこと。

 「conohi」は、SNSアカウントの有無に関係なく、複数のツールをまたいだ「日程調整」や「アンケート収集」が可能な無料サービスとなっている。「日程候補」や「アンケート」を作ったら、一度に複数のSNSやメールアドレスに通知することが可能。回答は「conohi」に集約される。

 なお「らくらく連絡網」は会員約650万人・団体登録約37万団体で、日本全国の大学生の約40%が利用しているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top