画像の質感などを“転写”できる制御技術、富士ゼロックスが開発 | RBB TODAY

画像の質感などを“転写”できる制御技術、富士ゼロックスが開発

ブロードバンド その他

見本画像全体の景観特性を転写した印象一致
  • 見本画像全体の景観特性を転写した印象一致
  • 見本画像から特定領域ごとの特性を転写した印象一致
  • 領域のカットと特定領域の色加工
 富士ゼロックスは2日、人の視覚特性に基づいて、画像データの色や形状などの「質感」を制御することで、直観的に特定領域の印象を変化させたり、望みの色に加工できる「画像質感制御技術」を開発したことを発表した。

 たとえば、「街並みの写真」に「夕陽の写真」を転写(景観特性の特性転写)することで、「夕焼けの街並みの写真」に変化させたり、「黒髪の女性Aの写真」に「金髪の女性Bの写真」を転写(特定領域の特性転写)することで、「金髪の女性Aの写真」に変化させるといったことが可能になるという。

 このような「質感」の変化は、人の視覚の認知特性に基づいた視認性向上の処理や形状の強調を行うことで、実現している。独自の周波数帯域解析や暗部解析も行うことで、自然な再現を可能にしたとのこと。

 新技術では、タブレット端末やタッチモニタ等の画面に表示された画像データを、指でなぞるだけで簡単に切り出すことができる。画素データの境界を独自の技術で判別しており、切り出した特定の領域を望みの色や質感に変えたり、他の画像に合成できる。

 今後は、車や住宅の塗装等のカラーデザインシミュレーション、化粧品売り場で購入希望者の顏写真データを取り込んでのシミュレーションなど、活用シーンを具現化しながら、実用化に向けた取り組みを進める。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top