ドコモ、M2M機器向けSIMカード「eSIM」提供開始 | RBB TODAY

ドコモ、M2M機器向けSIMカード「eSIM」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

eSIMの概要
  • eSIMの概要
  • eSIMの外観
 NTTドコモは27日、通信機能を搭載する車両や建設機械等のM2M機器に組み込むSIMカード「eSIM」(Embedded Subscriber Identity Module)の提供を発表した。6月30日から日本で初めて、法人向けに提供を開始する。

 「eSIM」は、ドコモの電話番号だけではなく海外通信事業者の電話番号も書込みが可能になるSIMカード。eSIMを導入することで、製造時に1種類のSIMを組み込むだけで、海外通信事業者の電話番号を随時、書き込むことが可能になる。M2M機器を利用する国を変更する場合も、新たに利用する国の電話番号を同一のSIMで利用することもできる。

 eSIMは、「docomo M2Mプラットフォーム」を利用する法人向けソリューションとして提供される。なお、eSIMで利用する海外通信事業者の回線については、順次海外通信事業者との間で協議を進める。

 ドコモは業界団体であるGSMAが2013年12月に公開したeSIM仕様の策定に参画している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top